屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イングランド北部古都 ヨーク(YORK)

DH000009.jpg


ロンドン市内よりルートM1にて北上、約4時間で、古都ヨークへと着く。

市街地の入り口にアメリカで主流の「アウトレット」の看板が目に付いたので、立ち寄ってみた。
おそらくアメリカの会社がこちらへ進出したのではないか。イギリス風の建築デザインと違ったよくアメリカで見かける、ただ天候が不順で冬季はとっても寒いところであるために、インドアー形式をとってあり、巨大なショッピングモールという印象を受けた。


DH000050.jpg


DH000045.jpg


ブランドは世界各国でみかける店舗が入っているが、店内の内装が歴史を感じさせる、帆船が展示されている。建物の構造が大梁にライトゲージの鋼鈑でロールフォーミングした、I鋼が使われており相対的な重量を軽減して、外断熱構法によって経済的に創られている。

DH000046.jpg


DH000044.jpg



アウトレットモールを後にして、目的のヨーク市街へ車を進める。
城下町特有の作りで曲がりくねった道を走ると、目の前に城壁が現われる。

DH000013.jpg



城壁は6箇所の門があり城壁の内部に歴史的な見所がたくさんある。

DH000020.jpg


DH000005.jpg


DH000004.jpg


DH000018.jpg


丘にそびえる城部の建物の下に町営の大きな駐車場に駐車して、古い町並みを歩く。

DH000008.jpg


ヨークの2000年にわたる歴史はイングランドの歴史であると言われている。
イギリス最大のゴシック様式の大聖堂ヨーク・ミンスターがある。

DH000121.jpg





DH000125.jpg


商売柄どうしても屋根・天井に目がいってしまう。





DH000112.jpg


内部に足を入れると、すぐ右手にこの聖堂の屋根の構造が一目でわかる様に展示されている。完成まで数十年の歳月がかかったことが物語っている。
一つ一つの建物が歴史を感じさせる、そして散策で楽しくて時間を忘れてしまう。




DH000133.jpg


DH000134.jpg


DH000128.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/23(木) 18:06:23|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。