屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親父の英会話教室

親父の英語教室???

 初歩的英語に子供が入るには、必ずABCDEFGHIJK・・・・・XYZと入っていく。

 そして次に ONE TWO THREE・・・・・・・・TEN

猫はCAT、ねずみはマウス、などと身近な動物から子供が興味を持つ言葉に入り、次へと進んでいく。

 野球ファンの親父さんは『巨人は・・・・・ジャイアンツ、  
阪神は・・・・タイガース・・・・トラ、
広島は・・・・カープ・・・・・・・鯉
西武は・・・・ライオンズ・・・・ライオン
大洋は・・・・ホエールズ・・・・犬』と教えた。(現在は横浜ベイスターズと球団名変更なっている)

 なぜ、「大洋ホエールズが犬なの??」 「犬は 『ワンワン』ほえるから ホエールズ なんだ」とのことを子供に冗談交じりで教えた。

 その子供は成長していく過程でも、親の教えをかたくなに信じていた。

 ある時、友達と野球論議をしていて、英語の話の中で、 「ホエールズとは何だ?」との質問があって、すかさず『犬』と答えたのである。

 それは 『鯨』 だよと反論されても本格的に英語を学ぶまで、父の教えを信じて 『犬』 と言い張り続けた。

 今となって亡くなった親父の回想話・・・・の一つとのことである。
スポンサーサイト

テーマ:マジかよ… - ジャンル:日記

  1. 2006/05/27(土) 07:55:44|
  2. ほろりと・・・・・・・・心に感じること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しい力が活躍する

新しい力が活躍する!!

 新入社員が研修期間を終え、仕事になれ活躍し始めた。
世界一大きな (縦140mX横160m)  三次元形状緑化ドーム屋根を受注して、来月から施工開始である。

 現在、生産が急ピッチで行なわれて、まもなく2交代制を取る製造工程に入る。

 通常のドーム屋根はテントなどの幕構造屋根や鉄骨母屋下地にて屋根材を取り付ける方法が一般的である。

 今回、施工するドーム屋根はエテルニット構法によって屋根構造の一部を創り上げ、その上にステンレス鋼板の屋根を施工、そして緑化屋根ウエットジェットシステムを取り付けて植栽工事に入ります。

四季に通じたそれぞれの特徴を兼ねそろえた芝生を植栽いたします。

 その他に、トップライト・太陽光発電モジュールを組み込んだ屋根を同時に施工する環境を重点の考えた総合防災施設プロジェクト工事である。

 総数量 700トンの鋼板を使用するために計画的な工程管理が要求される。

 製造に入るまでに、色々な方々のアドバイスや力添えをいただいたお陰で、新しい力が活躍出来る事を感謝しなければならない。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/05/22(月) 18:52:40|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

省エネルギーを目指して

省エネルギーを目指して

 ISOの更新会議の中で、弊社は次期にISO14000の取得を目指そうという発言があった。

緑化屋根・太陽光発電屋根などの環境に対する事業を、金属屋根メーカーとして開発拡販に取り組んでいる企業として当然なことではないかとの提案である。

 取得に当たって準備期間を設けることにした、最初に書類をとめるときに使うときに発生した不要になったホッチキスの玉をはずしてまとめる、それを鉄屑として再利用するような気持ちからのスタートをきる。

 湾岸戦争以来ガソリン価格が高騰している現在、車を運転するときにどのようにしたら、無駄な燃費を費やさないで車を走らせる方法を考えてみた。
 ① 急な発進をしない事
 ② 速度を10km落として走行する事
 ③ 停止中、アイドリングはしない事
 などがあげられた。
弊社が行なうこの対策は地球規模からして、微々たる事であるが、皆がその気持ちになって一丸となれば大きな成果へとつながるのではないか。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/05/18(木) 08:40:37|
  2. 人生重ねていくうちに・・・体験したこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メキシコ国境の町SANLUIS

国境の町SANLUIS

06_05_16---01.jpg

06_05_16---02.jpg


 アリゾナ州道95号線を車でボーダーラインまで、車でメキシコへと思ったが単なる町の探索と買い物である。

 そのために、車で再入国する際の長時間にわたる長い列をつくってウェイティングを嫌って、徒歩でアメリカからメキシコへ渡る、鉄格子に囲まれた塀沿いに進み、大門をくぐるとそこはメキシコである。

06_05_16---03_1.jpg
06_05_16---03_2.jpg
06_05_16---06.jpg


 何の制約もなく、ただ門をくぐりぬけただけである。

土産店が並び数十メートルも歩くとアメリカ沿いに走る国道にあたる。

06_05_16---04.jpg
06_05_16---05.jpg


その国道から左右前後に町並みが開けていくようである。お店の雰囲気はアメリカサイドと違ってくる。

06_05_16---09.jpg
06_05_16---11.jpg

06_05_16---07.jpg
06_05_16---12.jpg


 スーパーマーケットにて、ガードマンが手荷物を全てカウンターの棚に預けるシステムである。


 防犯上やむえないことであるが、何も知らないで店の中に進んでいくと「イクスキューズ!!」と声をかけられたが、誰に声をかけているのかわからずに見せの中へどんどん進むと、駆け足でよってきて荷物を預けるように言われた。

06_05_16---08.jpg


 それだけ万引きの被害が出るのだろうか、製品は輸入製品を除いて30%ぐらい安いように感じた。お目当てのテンガロンハットを購入して、ポロシャツなどと雑貨を買って歩いた。

 KYOTOと書いてあるブティックの看板が目に付いて、ここまで日本ブームなのかと思った。

06_05_16---10.jpg


 ストリートにてメキシカンインデイアンスタイルの芸人が、歌と踊りを披露していた。
見ているとすかさず、チップを要求された。

06_05_16---16.jpg
06_05_16---17.jpg


 国境沿いの高い塀を沿って元の入り口に来る、鉄格子沿いにあるって入管へと入る。

06_05_16---18.jpg


 パスポートを見せるだけで、現地の人と違ったスムーズなアメリカへのカムバックである。

 赤い花のトンネルを抜けて、空を見上げると透き通った真っ青な空が見える。

06_05_16---19.jpg
06_05_16---20.jpg
06_05_16---21.jpg



 同じ空の下、なんであのような境があるのか不思議な気分である。

テーマ:メキシコ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/15(月) 14:58:58|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壁の向こうに行きたい・・・

06_05_08---2.jpg


 中南米の国旗が絵がけれている壁、メキシコ側から見た国境の一部である。
 この鋼鈑の塀に梯子をかけて越えても更に100mほどの空域があり、それを超えてアメリカへと続く。

 同じ空気を吸いながら唯一つの壁に遮断されている。国境線は昔から民族的に、したがって言語的境界線を基準に設定、それによって国境が成立しているのだろうか?

 同じ地続きでありながら自由に行き来できない。この空域にはボダーラインパトロールが強化されている。そのため高い塀よりも国境警備が手薄な砂漠地帯を歩いて渡る移民がいる。砂漠は短いところでも5マイルあり、ヘリコプターによる空からの警備も強化されているので密入国は至難である。

 激増するヒスパニック系不法移民が1100万人以上、メキシコ移民が60%をいるといわれている。
 
 この壁画は中南米の国旗が描かれている、中南米からの人々が数々の国境を越えてアメリカに入る最後の障害である。

 経済をはじめ、道路・食物・建物・物価・生活・など目にするものが米側から入国して違ってくる。

 米側からメキシコへ入国は何の審査もなくただ歩いてゲートをくぐるとそこはメキシコである。

 人間は陽気である、『アミーゴ』ととってもフランクに話しかけてくる。

 逆に、メキシコから米国への入国はとっても厳しい。
数十人の列に並んで入国審査の状況を見ていると、メキシコから米への入国審査場は自由に行き来できる人と入国拒否をされる人がさまざまである、一つのカウンターを越えるとアメリカに入る。

 日本人はパスポートを見せるだけで数秒間、壁がない感じで再入国できる。不思議な空間である。

 詳細は旅行記にて紹介します。

06_05_08---1.jpg

テーマ:メキシコ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/05/08(月) 07:21:25|
  2. ほろりと・・・・・・・・心に感じること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑うと α波と β波が出る

        <笑うと発生・・α波・・β波


 笑うとα波 β波が発生して、間脳が刺激され、脳の血流量が上がって、血液の循環が良くなり、体内の免疫細胞が活性化して免疫力が上がるといわれる。

 笑うことは新陳代謝が良くなり、健康に良い。笑った後に体が温かくなることがその証拠だ。笑うと副交感神経を刺激して血液循環が良くなる、そしてさらにストレス状態が軽減してくるともいわれる。

 日曜の午後5時半からの『 笑 点 』は長年視聴しているが、短い時間に笑いを連発させてくれる。菊蔵師匠の屋根屋の落ち『 ヤーーねー 』は毎回同じギャグであるけれども笑ってしまう。

 土曜日の22時から『 エンタの神様 』という番組、やっくんは会場の人々を巻き込んで、紙芝居形式で笑いの渦に巻き込む。

 また、アクセルポッペーという芸人は独特のステップダンスにて、笑いのリズムを作り出す。

 その他たくさんの個性ある芸人が次から次へと現れてくる。

 ため息をつくと寿命が三年短くなると言われる、そして笑うと寿命が5年延びるともいわれる。さて、今日あなたは何度笑い、何度ため息をついたでしょうか。

 笑う門には福来る、毎日笑いが絶えないように心がけよう!!

本日の笑いは
『施主様が田中さんで、ゼネコンの技術長さんが田中さんで、弊社の設計担当が田中』であったことが、お互い名字にて呼ぶのを遠慮している会話の中にいた自分が面白かった。

 α波 β波 を見たことがない自分がこのタイトルにて、ブログに書き込むことも愉快な一つ・・・・・・・・・。

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2006/05/01(月) 08:30:18|
  2. 笑っちゃう・・・・・?? お話しコーナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。