屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春めいた日和の大寒にカップル誕生。

IMG_6078.jpg


1月20日 大寒の日に熱々のカップルが誕生した。
秋田県大曲市にておごそかにウエディングパーティーが行われた。

IMG_6079.jpg



IMG_6082.jpg



IMG_6088.jpg



IMG_6261.jpg


大雪に覆われた秋田と思って到着したが、雪の少ないのに驚いた。
まだ立春も迎えていない、大寒と思えぬ春めいた日和である。
地球温暖化のせいだけではない、ここに誕生したとっても甘い、熱愛のカップルのせいかもしれない。

秀喜君・陽子さんご結婚おめでとうございます。


IMG_6554.jpg

スポンサーサイト

テーマ:記念日 - ジャンル:恋愛

  1. 2007/01/30(火) 08:44:35|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根屋 と からす の お話し

IMG_5220.jpg


屋根工事を見学していると、カラスが一羽 TVアンテナにとまった。


IMG_5221.jpg


続いてもう一羽が飛来してきた。カップル ?? なのかは不明である。

カラスは人の出す生ゴミによって増えると言われている。
生ゴミの減量化が叫ばれている。人が出す生ゴミを食しているために、生態系にも影響をおよぼしはじめている。

種類はたくさんあるようだけれども詳細は専門家でないので分からない。

全長50cm、60年の寿命があると言われ、行動範囲は半径10kmに及ぶ。

時たま人を恐れず、襲いかかることもある。
声がうるさく、性格が獰猛であるために嫌われ者になっている。

一羽が家路に??帰る。


IMG_5223.jpg


屋根の上にいた職人さんたちも、 「 カラスが鳴く ♪ ♪ からかえろう 」
 と言ったかどうかはさだかでないけれども、道具・飛来落下のある物を綺麗に方付けて家路に向かった。



お疲れ様でした。


IMG_5214.jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2007/01/29(月) 09:29:39|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地下水の漏水を止める

湧き出る地下水が、地下道のいたるところから湧き出てくる。

それを完全にとめることはできない・・・・・・・。

地下道に漏水するとは誰もが考えないでいる。

普段、何度も歩いているところであるが、実際はかなりの地下水対策をしているのである。

20070125210038.jpg


天井裏に漏水受けを取り付けて急場をしのいでいる。


20070125210103.jpg


しかし、地震などで再度亀裂が発生すると、別のところから漏水が出てくる。まるでもぐらたたきである。

IMG_5017.jpg



IMG_5018.jpg



地下道にもぐりこむ、そこはたとえ地上が晴れていても、雨が降ってい

ても、地下道に水が零れ落ちてくるとは考えない。

しかし、このような看板が目に入ってくる。


IMG_5022.jpg



IMG_5026.jpg


地下鉄を利用するときに、天井部分を見上げるとこのような、漏水よけを施したパイプがあちこちに出ている。

IMG_5423.jpg



IMG_5429.jpg




IMG_5435.jpg


その天井裏は、電車が止まったあと数時間の間に、防水パンを写真のように取り付けて、地下水の漏水を防ぐ作業をしている。

せっかく仕上がっている天井を解体して、そして漏水処理をして再度、天井を貼る作業が続いている。

ところが、私どもの技術で完全に漏水しない天井が出来上がり、高い評価をいただけるようになり、新しいオーダーが入り始めた。

IMG_2996.jpg


ボルトレス・無溶接工法の屋根と天井が一体になったハーパーズストロングルーフ
を地下天井に採用して、漏水が発生しても屋根で受けとめる発想が取り上げられました。


IMG_3015.jpg



IMG_3026.jpg


御採用ありがとうございました。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/25(木) 21:33:22|
  2. 未分類七TURI
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

カーナビゲーションと単身赴任

カーナビゲーションと単身赴任

IMG_5313.jpg


『 エ!!!!! 』と思って。

タイトルに目を向ける人がいるのではないかと、思ってこのキャッチコピーを使う。
支店・営業所を回り同行の挨拶を兼ねた営業展開を行う。
遠方に家族を残して、単身で社業を全うする営業がいることに幸せを感じる。

IMG_5379.jpg


現在、カーナビゲーションがなくてはならない営業のグッズになってきている。
見知らぬところへ行く場合や どれくらいの所要時間で到着するか、渋滞情報などあらゆる機能が装備されている。

「 あと300m・・・・・の交差点を右折です 」
「 目的地には何時何分ころ到着の見込みです 」
「 まもなく目的地付近です、音声案内を終了します 」
とコンピューターレディーの声が導いてくれる。

IMG_5380.jpg


単身赴任の社員曰く
家に帰った時に、
「あなたお帰りなさいませ」
「今日もお勤めご苦労様です」
「ビールが冷えていますが、お風呂にしますか?どちらを先にいたしましょう?」
なんて
誰もいない真っ暗な部屋のドアーを開けたときに、このような声が聞こえたら、今日の頑張りの疲れもなくなるなー、というお話。







テーマ:カーナビ - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/01/25(木) 17:15:49|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラス屋根、 母屋を使用しない新工法

IMG_4064.jpg


トラスが完成して、下地つくりを始めた。
通常、このような大規模のドーム屋根はテントによる工法が圧倒的に多いい。


IMG_4049.jpg



IMG_4069.jpg


トラスの次に母屋受け材を取り付けて、本格的に屋根下地を取り付け始める。

IMG_4095.jpg




IMG_4089.jpg


IMG_4101.jpg





IMG_5905.jpg


IMG_5888.jpg


母屋受け材の間隔は約4m その空間をエテルニットにて下地を作成、『 500年に一度起こり得る災害にも耐えられる構造である 』という条件にて屋根を葺かなければならなかった。

この構造計算は通常の屋根に対する風圧強度というものではなく、橋を建設する土木工事の分野の計算を要した。
大変な労力感謝いたします。

その結果このような大空間が出来上がりつつある。

IMG_5864.jpg


いよいよ最終段階のタフテンステンレスによる屋根葺きが本格的に始まりました。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/21(日) 15:35:08|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

水路を通って サンマルコ広場へ

IMG_1763.jpg



IMG_1764.jpg


水路をサンマルコ広場へと進む。

IMG_1765.jpg



IMG_1766.jpg



IMG_1767.jpg



IMG_1768.jpg



IMG_1770.jpg


観光客が岸壁から足をたらして、のんびりとした光景が目に入ってくる。

IMG_1771.jpg


ベネチア最大の見所サンマルコ広場に近づく。

IMG_1616.jpg




IMG_1729.jpg


上陸すると、お土産屋が軒を連ねる。
世界的に有名なサンマルコ広場である。

IMG_1718.jpg


IMG_1730.jpg


S字にはしるカナル・グランデを中心に無数の運河がある。ヴェネチア駅とサンマルコを結ぶ水上バスが中心路線であるために、集客の多い場所にひとがあつまってくる。

IMG_1731.jpg


サンマルコ停留所の周りの運河に面した場所はお土産やガ連なって、世界中から訪れる人々に、ヴェネチアの思い出になる土産を並べて、熱心にお土産を販売している

IMG_1732.jpg


サンマルコ広場、早朝は昼間と夜の雑踏がうそのようにガラーンとしている。塔やドーム形状の屋根が連なるカセドラ。
サンマルコ寺院の望楼は早めに登ろうと早朝から列ができている。

IMG_1733.jpg



はとが自由気ままに人を怖がらずに群がって歩く様子はどこの国でも見かける光景である。


IMG_1734.jpg



IMG_1736.jpg



IMG_1737.jpg


塔の高さは97m、ベネチアでひときわ目立つ建物である。


IMG_1738.jpg


サンマルコ大聖堂、こんな形状の屋根を施工できる工法は・・・・・?

プロムナールーフ Fタイプだったら施工可能であるなと、本業を旅先で思い出す。

IMG_1739.jpg

テーマ:イタリア生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2007/01/19(金) 14:54:29|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネチア 散策 VOL 3-3

IMG_1751.jpg


ゴンドラに揺られてヴェネチアの旅を満喫中・・・・・


IMG_1750.jpg



IMG_1752.jpg



IMG_1753.jpg



IMG_1754.jpg


運河をまたぐ400の橋は大中小と色々な形状にて作られている。
構造力学から圧倒的に太鼓橋が多い。



IMG_1755.jpg


自分の家の入り口にある船乗り場のところに、このような置物をおいてある。


IMG_1756.jpg


IMG_1757.jpg


リアトル橋 ヴェネチアのシンボルともいえる、大運河にかかる白大理石の橋。
ヴェネチアの建設はこの橋から始まったといわれる。
たくさんの土産店がありヴェネチアきっての大繁華街。

長さ48m 幅 22m 運河を見渡す絶好の場所。
今まで何億人の人々がわたったのだろうか?

IMG_1758.jpg


IMG_1759.jpg


どの家を見ても同じデザインの家はない、シャッターボタンから指がはなれない。

IMG_1760.jpg


IMG_1761.jpg


ゴンドラに揺られてのんびりとした時間が過ぎていく。

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2007/01/18(木) 06:23:31|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネチア 散策 VOL 3-2

細い水路にゴンドラが停泊している。
水路を行きかう前の静けさを感じる。

IMG_1592.jpg


早々とビジネスに出かける船頭さんの姿も見受けられる。


IMG_1615.jpg



IMG_1617.jpg


ホテル前にはカラフルな色に塗られた杭がたくさん干潟に打ち込まれている。
ホテルに宿泊した観光客がここに横付けされたゴンドラに乗り込む。



IMG_1625.jpg


IMG_1629.jpg


IMG_1674.jpg



IMG_1667.jpg


水路に面している建物には大きな扉がついており、人の乗り降りばかりでなく、家具などの家財道具を搬入するためなのだろうか?

建物から直接水路に出て、運河を自由に走行できることは、ここヴェネチアに居住している人々のステイタスと思える。

IMG_1683.jpg



IMG_1684.jpg


写真の左下に見えるのが水上タクシーである。
水路に横付けして外出する足である。


IMG_1694.jpg


IMG_1696.jpg



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2007/01/17(水) 17:47:47|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネチア散策 水上バスから

ヴェネチア散策 VOL3-1

IMG_1726.jpg



大小100をこえる運河が周囲11kmの町を400を越える島々を取り囲む。
やはり水の都は運河から見る景色は、地中海の覇者として栄えた時代の、宮殿や建物からうかがうことができる。


IMG_1720.jpg


料金は一日下り放題で10.5ユーロ(152円/1ユーロ)をはじめ五時間とかの時間に分けて売られていた

IMG_1721.jpg


水上バス( ヴァポレット)が駅・ローマ広場を中心にして、小さな島まで運行している。
たくさんの停留場に停まる時間は数十秒、乗り降りが別に分けられて手際よく乗客をさばいていく。

IMG_1703.jpg



IMG_1707.jpg



IMG_1708.jpg


大きな運河は船が行き交い、そのスクリュウの回転でかき回されるためかにごってきれいとはいえない。しかし波が来ない、流れのない細い水路はきれいなエメラルドグリーンの水を見せている。
電車・バス・車は市外区域のヴェネチア駅までで入ることはできない、ヨーロッパ鉄道の終着駅でもある。

IMG_1709.jpg



IMG_1711.jpg


ゴンドラが行き交う水路に目を向けると、普通の路地や通路がまったくさっぷうけいな様相である。

IMG_1710.jpg





IMG_1714.jpg



IMG_1716.jpg



IMG_1724.jpg



VOL1にて紹介したことはヴェネチアの事実であり、水路ばかりでなく一般の人々が歩くところがあって、ここヴェネチアの街が成り立っている。
どの水路を見てシャッターを押しても絵になる光景が続く。
データー容量のために風景を分けて写真ブログにてご紹介したい。

次回はじっくり腰をすえて、スケッチを楽しみながら滞在したい。


テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2007/01/16(火) 11:04:53|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温暖化ガス削減に協力できた。

60Kwの太陽光発電を設置た。

熊本市内のある施設の屋根に、シルバーリーフSF工法にて施工しました。
サンサンと輝く太陽の下、発電売電メーターがぐるぐる回る

「地球環境保全に貢献できたな」と実感する。

20070115170140.jpg


他に、屋根などの外囲体などに外断熱を施して、省エネルギー対策や
屋根緑化をして、二酸化酸素を吸収することもすべきである。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/15(月) 18:02:32|
  2. 未分類十一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東田高炉の見学 重工業時代の幕開け

近代製鉄発祥の地・東田第一高炉


DH000131.jpg


北九州都市高速道路 枝光ランプへ向かう1分前に、右側に高炉・三本の熱風炉が見えてくる。



1901と数字が記入されている。


1901年、近代製鉄はここから始まった。
当時、製鉄所建設技術を持たなかった日本は、ドイツから技術者を招き4年の歳月をかけて、難工事の末、明治34年 1901年八幡村に東田第一高炉の火入れ式とともに始まりました。

IMG_7721.jpg



IMG_7720.jpg


 このすぐ隣に建設中 『 北九州 イノベーションギャラリー 』 屋根工事を担当することになりました。

 これを機会に隣へ足を伸ばして、 『東田第一高炉史跡広場』 の見学をしてきました。


高炉
鉄鉱石を溶かし、鉄を取り出します。
高い圧力をかけて、より高い温度をつくり、多くの鉄をつくる超高圧高炉。

IMG_7697.jpg


IMG_7725.jpg


熱風炉

ガスを燃やす部屋と熱を蓄える部屋の組あわせで成り立っています。
円筒の形をした3基の熱風炉は、ここのシンボルになっています。


IMG_7726.jpg


鋳床
高炉から流れ出る銑鉄は、床につくられた溝を通って、鉄と不純物に分けられます。


IMG_7716.jpg



実際に使われた設備を利用して、わかりやすく展示されており、近隣にあるスペースワールド・自然史博物館・環境ミュージアムを訪れた折には、足を伸ばしてみてください。
高炉の歴史や身近な鉄について、学びながら楽しく遊べる広場です。




IMG_7718.jpg


そして、本年4月オープン予定の『北九州イノベーション ギャラリー』において産業技術の歴史がもっとわかりやすく展示されるようです

DH000054.jpg


二等辺三角形のガラスパネルと同形パネルを屋根面にセットした斬新なデザイン。

CGを徹底活用し、建築家・鉄骨・ガラス・サッシュ・屋根の業種間のコラボレーションが図れた作品である。

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/14(日) 10:09:36|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

屋根をさらに美しく、化粧材する工法

        北九州イノベーションギャラリー

DH000010.jpg



北九州の産業と文化を未来に伝える
1901年の官営八幡製鉄所の開業を機に大きな発展を遂げてきた北九州市。

科学・窯業・機械・金属・電気などの多様な産業で日本の工業近代化を支え、アジア産業の中核を担ってきた。

この『ものつくり』の精神を後世に残し、伝えるために北九州市八幡東区に『北九州イノベーションギャラリー』がオープンする。
同センターは2.4㌶の敷地に、ギャラリーや工房、情報ライブラリーなどを整備。

北九州がもつ「人材」「技術」「産業遺産」の三つの資産を活用した活動を行う。

施設の隣には、重工業化のさきがけとなった「東田第一高炉」が寄り添うようにそびえ立ち、産業と文化の確かな誇りを漂わせる。
多くの産業遺跡が存在する北九州市で、同ギャラリーが地域の産業技術・観光の拠点となることが期待される。


意匠効果だけではなく、100mmの空間が空気層の役割を果たし、日陰効果とともに、省エネルギー効果を高めることができます。

産業の歴史を伝える、ギャラリーに新しい屋根の技術を提供させていただきました。



IMG_0292.jpg


DH000030.jpg


DH000017.jpg


屋根に化粧材、アルミ4.0mmをシステム金具によって取り付けます。
底辺2M 高さ1M のアルミパネルを、コラーキングシステム金具にて取り付けました。


IMG_0318.jpg


IMG_0325.jpg


ガラスサッシと化粧材を同じ形状に合わせて、連続的に屋根面までつながっていくデザインに、設計の段階から建築家とのすり合わせ、時間をかけた結果が斬新な建築を創り上げることができました。

ギャラリーの屋根にコラーキング工法が採用されました。
ご用命ありがとうございました。

本年 4月 オープンいたします。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/10(水) 19:56:14|
  2. 未分類三CORER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球環境を守る事ができる緑化屋根工法

20070109150014.jpg


金属屋根に緑化する巨大プロジェクトがただいま進行中です。

世界一の規模の大きさになります。

まもなくご紹介できると思います。

緑化屋根工法 『ウエットジェト 』 新しいカタログができました。

『 MAX KENZO 』 総合カタログと合わせてご請求ください。

MAX KENZO

20070109150014.jpg

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/09(火) 15:14:41|
  2. 未分類五WEJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新成人おめでとうございます。

DH000053.jpg


成人式は大人になったことを自覚して自ら生き抜こうとする、青少年を祝い励ます日。


DH000069.jpg


毎回、各地で成人式の暴動などを大きく報道している、あまり大げさに取り扱うから、最近の目立ちたがり屋さんの青年が次は俺たちの番だとばかりにまねて大騒ぎをする。

新成人はおごそかに成人式を終えることによって、大人としての自覚をもって、さらなる飛躍を目指そう。


DH000088.jpg



これからの日本を背負って立つ、気概を持って頑張ってください。


           ドサクサにまぎれてシャッターを押しました。

テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース

  1. 2007/01/09(火) 13:55:43|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応援風景に感激、栄光に向かってGO!!GO!!

IMG_5576.jpg



IMG_5478.jpg



IMG_5486.jpg



IMG_5495.jpg


大手町のビルの間はけたたましい太鼓の音が反響する。

その中で、各校は色とりどりのユニフォームにまとったチェアーガールが応援合戦を繰り広げて、エールを送る。

午前八時の一斉スタート前の緊張した時間を楽しませてくれる。

IMG_5506.jpg





IMG_5519.jpg


IMG_5543.jpg



IMG_5563.jpg


惜しくも我が母校はシード落ちになった。

予選会を勝ち抜いて、2008年にまた栄光をつかもう。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/01/08(月) 18:23:39|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嵌合式ドレンガター一体型 フラット屋根パネル工法納め方

前回は施工前の段取りについて紹介しました。

今回は、施工の取り合い納めの様子を紹介いたします。

バックアップ材が装着されておりますので、割付は基準の墨にもとづいて左右均等になるように割り付けます。

直線部分は働き幅 550mmの割付になります。


20070108154431.jpg


軒先水切りを取り付け後、つかみひろ(曲げる部分)を15mm伸ばしてケガキ線を入れます。


IMG_5187.jpg


けがき線に沿ってはさみで余分な部分を切断します。

20070112084149.jpg


つかみバサミにて、折り曲げ・水切りにつかみこみます。

IMG_4853.jpg


水切りと、プロムナールーフジャストワンの取り合い。
切断したあと、つかみ込む前の様子。

IMG_4854.jpg


つかみこみを完了した部分と、する前の様子。

IMG_4863.jpg


つかみこみ完了部分の軒先水切り取り合い部分



IMG_4865.jpg



別の角度から。



IMG_5199.jpg


つかみこみ完成。

IMG_5208.jpg


R 部分 完成の状況。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/08(月) 16:11:50|
  2. 未分類十三PJO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嵌合式、ドレンガター一体型フラット屋根パネル工法

IMG_4850.jpg


屋根の上に吊り上げられた、屋根パネルの荷姿。

施工前に軒先水切りとパネル取り合い部分の加工をいたします。
その準備の様子を写真にて紹介いたします。




IMG_4157.jpg


二重ハゼ構造のドレンガター底部分に高速カッターにて切り目を入れます。

IMG_4158.jpg


細部をはさみにて切り目を入れます。


IMG_4159.jpg



IMG_4160.jpg


このような欠き込み加工をします。

IMG_4162.jpg


つかみ道具にてハゼを伸ばします。



IMG_4163.jpg


ドレンガター部 ( 凹部 )の段取りは終了です。


IMG_4164.jpg


次にドレンガターにかみ合わせる 凸部の加工に入ります。
かみ合わせ部分のハゼの欠き込み。

IMG_4165.jpg



IMG_4166.jpg



IMG_4168.jpg


切断欠き込み工程を紹介いたしました。

IMG_4170.jpg


欠き込みを終えたハゼをつかみ道具によって、下記のような工程にて加工します。


IMG_4171.jpg



IMG_4172.jpg



IMG_4173.jpg



IMG_4174.jpg


施工取り付け前工程を紹介いたしました。

屋根下地に取り付ける準備が完了できました。
実際の軒先施工の状況は次のコーナーにて紹介いたします。

     【プロムナールーフジャストワン施工手順  ① 】

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/06(土) 05:44:17|
  2. 未分類十三PJO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007年 新鮮な空気がピリッと冴える境内

    2007年 正月を迎えて、新鮮な空気をすいながら初詣

 正月でなくても普通の日にお参りに行ったほうが、人ごみにもまれないで良い気もするけど、正月三が日に行かないと正月気分になれない。

新年を迎えた神社やお寺の空気は気持ちがいい。

新鮮な空気がピリッと冴えていて身が引き締まる想いである。

参道に並んだどこにでもあるお土産グッズは、新しい年を迎えて願をかけた人々の購買意欲をさらにかき立てる。



IMG_5415.jpg



IMG_5418.jpg


       あなたは2007年 何を祈願しましたか。

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

  1. 2007/01/04(木) 20:41:24|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道具の自慢・・ほおちょう一本さらしに巻いて

道具の自慢話

IMG_5295.jpg


 カウンター越しで、見ていてうっとりする手さばきで包丁を操る。
「見ていてほれぼれしますねー」というと「ありがとうございます」との受け答え。

IMG_5300.jpg


 「何年ぐらいその包丁を使っているんですか」
「こちらのは20年です、元は2尺で幅は3寸少しありました、今は長さも幅も当時の半分です。自分で磨いでいるうちに小さくなってしまった、しかし握っていて手になじみ、自分の手のように動くのです」

 「こちらのは、10年になります」
「握りガ新しいのでそのように見えませんね」
「つい最近に柄だけ変えました」

IMG_5307.jpg


「購入価格はいくらですか」「20年前に20万円でした、刃物屋さんでなくて、鍛冶屋に鋼からたたいて作っていただいた代物です」
「誤って手を切っても痛くないんです、切り口がすうと切れるせいか、切れてもすぐに傷口がふさがってしまうのです」

IMG_5311.jpg


 IMG_5305.jpg


 というやい取りをしながら、新鮮な魚介類をいただきました。

ごちそうさまでした。


テーマ:なんで仕事をしてるんだろう? - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2007/01/04(木) 17:48:23|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球にやさしい企業経営を通じて、地球に優しい屋根を・・・

IMG_0999.jpg



IMG_1000.jpg



IMG_1001.jpg



                2007年

           あけましておめでとうございます。

  環境にやさしい企業経営を通じて、地球環境をまもり、より美しく

  より強く、より経済的な 屋根つくりで社会に貢献いたします。

  本年も宜しくお願い申し上げます。

                      MAX KENZO

                           社員一同




IMG_1002.jpg


 雲の中から太陽光がスジになって照らす光景は、とっても幻想的な気分にしてくれます。

 さらなる飛躍を目指します。

IMG_1009.jpg


   【フロリダ キーウエスト アトランテックオーシャンの日の出】

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/01/01(月) 09:48:11|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。