屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

080531 あわただしく時が流れた一年であった・・・・・・・・。

IMG_3193saifu20011.gif



2007年5月30日から一年、実にあわただしく時が流れてゆきました。世間では様々な事件や大事故のニュースもありました、自分の人生もめまぐるしい変化です。


IMG_3189saifu2001.gif


お寺を訪れ、この世の中にたくさんの神様が存在することを思い出しました。いったい人間とは何だろう。いったい人間は何故こんな事をしでかしてしまうのだろう。人の生き様は数千の昔も数万年の昔も全く変わってはいないのではないだろうか。人の世の進歩とは何なのだろうか。何のためにこの世に存在しているのだろう。何のために生きているのだろう、次々に出てきます。


IMG_3190saif2002.gif


考えれば考えるほど様々な疑問が湧いてきます。

IMG_3191sauf2003.gif


人という字は一本の棒をもう一本の棒で支えているように見えます。人間は決して一人では生きていけません。当たり前のことなのですが、自分が得意の絶頂期にあるときには、案外見過ごしていたのではないか・・・・・・・・・。初心に戻ってSHALL WE GO !!!!!!


詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

  1. 2008/05/31(土) 15:56:00|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

080527 屋根裏の快適なねむり・・・・・VOL01

IMG_3393bed8001pari.gif


ZZZ・・・・・zzzzに入る前に、目から入る寝室・寝具の色の効果は 絶大なものがあります。薄いブルーを使う、色彩心理学から気持ちをリラックスさせ、血圧や脈拍、呼吸数を減少させる、鎮静効果がある色とされています。  
眠りを誘う、心地よい眠りをする為に、筋肉をも弛緩させ、神経系統の興奮を鎮める 効果があるそんなブルーのベッドカバーのある部屋。空港内のホテルであるが防音効果が良くて熟睡できた。

IMG_3391bed8002pari.gif


ドゴール空港の夜景。

IMG_3394bed8003pari.gif


あちらこちらへ旅に出て、眠りの良かった屋根裏部屋の寝室シリーズです。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp
  1. 2008/05/27(火) 15:59:01|
  2. 屋根裏の快適な眠りZZZZZxxxx・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

080523 流れ着いた椰子のみ発見・・・島崎藤村の歌を口ずさむ

椰子の木陰に入って、読書にふける
自然に目線が空と海へ
抜けるような空
澄み切った水
お客様の到来に驚いた・・・・・
自然と口ずさむ♪♪

IMG_3412guamtate6003.jpg



名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

♪♪♪♪

故郷の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

♪♪♪♪

故郷の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

♪♪♪♪♪♪♪♪


旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
枝はなお 影をやなせる

♪♪♪♪♪

われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

♪♪♪♪

実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

♪♪♪♪

海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙

♪♪♪♪♪♪♪♪


思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん

旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
枝はなお 影をやなせる

♪♪♪♪

われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ♪♪♪♪


実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

♪♪♪♪

海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙

思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪





IMG_3435guam6007.jpg



IMG_3430guam6008.jpg



IMG_3432guamtate6009.jpg


詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:グアム&サイパン - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/23(金) 19:24:25|
  2. 海をみて感じたこと・・・・・・・・・・SEA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

080520屋根裏部屋のある町並み、CALWを歩いて

IMG_2071hermann2001.gif


ドイツを旅すると突然おもちゃの町があらわれる、おどろきと、ホワンとしたほのぼのさを感じさせてくれる。
ヘルマンヘッセの生まれ故郷であるカルブは彼の作品の中にもたびたび登場する。中世の面影が残っている黒い森の中の小都市。おとぎの国のような楽しさは、とがった屋根や壁を飾るいく本の木柱の構成のためだろう。

IMG_2075hermann2002.gif


IMG_2076hermann2003.gif


IMG_2077hermann2004.gif


IMG_2079hermann2005.gif


IMG_2080hermann2006.gif


IMG_2083hermann2006.gif


IMG_2084hermann2008.gif


IMG_2087hermann2009.gif


IMG_2096hermann2010.gif


IMG_2108hermann2011.gif


この町をゆっくり歩くだけで癒しを与えてくれる。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2008/05/20(火) 16:13:02|
  2. ほろりと・・・・・・・・心に感じること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

080512 通潤橋を訪れて

IMG_1752kanntuu8001.gif


通潤橋の近くに現場打合せがあり、立ち寄って見た。タイミングよく放水しているところであった。田んぼは田植えの最中である。


IMG_1753hasi8002.gif


1854年7月に一年8ヶ月かけて、橋本甚五郎氏が造った。この白糸台地は水に乏しく、田んぼの水は勿論、飲料水も足りないような状況であったのを、灌漑用水を送るために石造りアーチの水路橋にて改良した。

IMG_1757hasi8003.gif


隙間無く積み込んで作り上げた石橋、設計・構造計算をどの様にして施工に進んだのか、施工技術に感激した。
一定の水量が放水されると、水路が遮断されて、内部の構造を覗くことが出来る。

IMG_1784hasi8004.gif


IMG_1799hasi8005.gif




IMG_1800hasi8006.gif


IMG_1824hasi8007.gif


IMG_1805hasi8008.gif


過去に前例がない物つくりを心掛けて見ようと感じた・・・・・・・・・・・・。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

  1. 2008/05/13(火) 12:07:32|
  2. 滝をみて感じたこと・・・・・・・・・・WATER.F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

080507 森の妖精を見た、黒い森の中で・・・・

IMG_2035mori6000.gif


シュバルトバルト、黒い森に入り込んだ。森の中を流れる川に沿って車を走らせる、雪解け水の川は透き通っていて春の訪れを感じさせる。

IMG_2038mori6001.gif


Daaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaikanさんストップ!!屋根屋としてとっても興味のある屋根付き橋が目に付いた。

IMG_2028mori60111.gif


森の中の遊歩道である。自動車は勿論、馬車・バイク・自転車も通行できない。

IMG_2041mori6007.gif


自然を楽しむための森である。

IMG_2032mori6006.gif


時折、木々の隙間から木漏れ陽が差し込むと、誰かが私たちを覗いているような気配を感じた。黒い森の中は薄暗い、見上げてみると、木が笑っているようだ。

IMG_2024mori6004.gif


森には色々な妖精たちが住んでいると聞いた事がいた事がある。実在するのかしないのかはベールに包まれている。妖精たちは飛び交いながら、可憐な形であると想像していた。木漏れ陽があたった
瞬間、妖精が姿を現した。

IMG_2033mori6007.gif


IMG_2025mori6006.gif


IMG_2021mori6002.gif


同行したDaaaaaaaaaaaaaaaaaaaikanさんの親戚が森の妖精とは思わなかった(笑)。森の中に溶け込み、自然を表現している森の中のガードマン??それが妖精の姿??

IMG_2044mori60000002.gif


詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2008/05/07(水) 09:50:47|
  2. 人生重ねていくうちに・・・体験したこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

080505 立夏の日に思う事

IMG_5138oonofuji2001.jpg


若葉から青葉に変わる時期、いつもならさわやかさを感じる季節であるが、日差しが強く日陰を求めたくなる。
地球温暖化の影響が季節感を少しはやめている。
厚い葉と藤花の日傘の気分を味わった、癒しをかねた散策は新しいオゾンを胸いっぱい吸い込むことができた。


IMG_5140oonofukjoi2002.jpg


IMG_4317rikka5002.gif


雲の形は早くも夏雲に近い形である。

IMG_4308rikka5001.gif

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2008/05/05(月) 14:27:28|
  2. 空・雲をみて感じたこと・・・・・SKY/C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

090503 藤の花見物に誘われた

IMG_5058fuji2001.jpg


『 藤 』 の花言葉・・陶酔
一般にフジ、一名を野田藤と呼ぶものは、つるが右巻きでして、花は紫色か菫色で花穂が長く割合長く鑑賞できる。昔、大阪市福島区野田、藤の宮に藤の名所があり、太閤秀吉もお花見に行かれたそうで、野田藤の由来はそこから生まれたとある。


 シロバナフジ   白花、花穂が長い
 アケボノフジ   蕾はやや淡紅色、開花と共に淡色
 ノダナガフジ   花穂が長い
 アカバナフジ   モモイロフジ(淡紅色、開花と共に淡色
 ヤエフジ     八重黒竜(八重咲き、紫紅色の濃い花IMG_5042fuji2002.jpg

 ガワリバフシ   ニシキフジ(葉に淡黄色の布斑、淡紫色花、弱い)
 ヤマフジ、    野藤、花実短、達磨藤、袋藤とも呼ぶものは、つるが左巻き、花は大きく紫色で,穂が短く、花の咲く時期がわずかに早い。花実短はカピタンと読む。

IMG_5046fuji2000.jpg


藤棚の下に入ると、藤の香りに包まれる。[陶酔」と言う言葉はここから生まれたのだろうか?

IMG_5054fuji2003.jpg


IMG_5060fuji2004.jpg


藤の花の下、花畑に入るのと違った藤の花に歓迎されたようになる。
花言葉その2・・・歓迎、恋に酔う。うまく花の意味を表現したと思う。


IMG_5066fuji2005.jpg


詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2008/05/03(土) 12:07:40|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

080501道・道・道について思う事

IMG_0852ki-uesuto.gif


新年度・新学期が始まって一ヶ月を経過しました。
それぞれの道を進んで新しい経験を重ねはじめた頃です。
『 道 』ただの道から・・・・歩道・車道・遊歩道・自転車道・回り道・わき道・通り道・逃げ道・寄り道・花道・山道・坂道・水道・伝道・舗道・獣道・弾道・軌道・気道・武道・茶道・華道・歌道・ などたくさんの道があります。

それぞれの道を通りながら、楽しい経験をしながら、充実した人生を重ねてゆきましょう。

IMG_0856ki-uesuto002.gif


この道路が建設されたのは50数年前、現在はバイパスが出来て、100マイルの海上を最南端まで行く事が出来ます。時代の流れを感じさせてくれる二本の道です。

IMG_0880ki-u3004.gif


国道一号線、スタート『 ゼロ 』ポイントです。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2008/05/01(木) 14:29:36|
  2. 川・河をみて感じたこと・・・・・・・RIVER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。