FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

トンネルはどのように作るのか?

06_03_31.jpg



異業種交流の席でトンネル工事を携わっている方と同席をした。


日本の測量技術の高さを誇ることから話し始めた。

上空からの空撮・そして測量の技術によってどのような長いトンネルも左右からのズレが10cmも生じない。



『山を怒らしてはいけない』ことが第一である。


山を怒らせない? ことと言うのは、山の中心を決して掘ってはいけないということである、頂上の真下は重力が垂直にかかり、山が怒ってトンネルを潰しにかかるとのことである。


砂山を掘るのと同じ理屈で、中心を掘ると崩れやすいが、少しずれたところを掘ると崩れにくくなる原理と同じである。


最初に導坑を半径2mの幅にて掘り進む。
掘削機の刃は人工ダイヤモンドでできており、ひとつの刃の大きさが80kgであり本物のダイヤではとっても高価なものになる。

御影石などでゴマ模様の入っていない石はとっても硬くダイヤの刃もすぐに使えなくなってしまう。これらのへたった刃を肉盛りして再使用するのだが、狭い坑道のなかで取り替えるのはとっても大変なことである。

快調に進むときは日に12m進む、どうしても硬い岩にあたった場合はハッパをかける。

この時に、どこにダイナマイトを設置するかが、長年の勘と技術ということである。そして、この目測を誤った時に事故が発生する。

爆風で岩が砕かれる前に自分の方へ爆発力が戻ってきて事故になってしまう。爆風でバラバラになった同僚を思い出すと、とっても辛い日が続くとのことであった。

削りだした岩や土をベルトコンベアーにて運び出す、導坑が出来上がると本坑に取り掛かる。


そして、長い年月をかけて作り上げ、開通式に参列した時の喜びは語りつくせないとのことである。



そして、またこの挑戦は続く・・・・・。
スポンサーサイト



テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/03/31(金) 09:48:40|
  2. HOW TO ?  どうなってんのかなー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/10-9113dfac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)