FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

110620 町並みは見えず、津波のとんでもない恐ろしさが目の前に広がっていて、もう言葉も出ません

新聞やTVなどで悲惨な状況はある程度は見ていたのですが、被災地に立って実際に自分の目で見ると全然違う。
町並みは見えず、津波のとんでもない恐ろしさが目の前に広がっていて、もう言葉も出ません。
ひどすぎる惨状です。

IMG_9485is3311.jpg

水圧による巨大な力をしみじみと感じます。

カーカビが道のないところを走る自分を、右だ左だとうるさいようにささやきます。
以前は、きめ細かく整備された道があったと思いますが、今は瓦礫の集積場として姿を変えたために、今までの道が消えてしまったのでしょう。

道沿いの畑や田んぼの中に船や家の屋根などの残骸がいっぱいです。
大きな漁船が病院の屋根の上に鎮座して、波の大きさ・高さに驚くばかりです。


IMG_9482is3310.jpg


IMG_9488is3312.jpg


IMG_9492is3313.jpg


IMG_9494is3314.jpg

町の公園か広場に展示してあった、機関車SLがよじれ曲がって横倒しである。

IMG_9496is3315.jpg


IMG_9503is3316.jpg


IMG_9504is3317.jpg


IMG_9509is6601.jpg


IMG_9512is6602.jpg


町の様子は、とても悲惨!!
スポンサーサイト



テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/06/20(月) 06:43:41|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/1052-ecf39508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)