FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

110712 保水板ユニットに雨水を貯蓄し潅水量を減らすなど、様々な技術的な工夫を行い、他に例を見ないユニークな緑化を実現している

PICT0205kawabi5501.jpg

兵庫県三木市に建設された三木ビーンズドーム。
緑豊かな三木市の丘陵を造成して、自然環境破壊をできるだけ最小限にするために屋根緑化を施した総合防災施設とテニスコート。
屋根の上の植栽は、順調に育ち草花もところどころに顔を出す、ビオトープの役割を果たす。

冷暖房を設置しないビーンズドームは外観がピーナッツ形状のドーム型施設で、屋内テニス場は国際大会が開催できる規模、屋根側面を緑化屋根にしている。
都市緑化技術開発機構では表彰理由については
①直射日光による屋根からの熱伝導を軽減
②ステンレス屋根に保水ユニットを設置して、芝生種子入り人工土壌を吹き付けて緑化した。
③最大傾斜73度と急勾配の大規模側面を緑化するために、崩れず軽量で分解する土壌採用。
④急勾配側面に完遂するチューブを埋設した。
⑤保水板ユニットに雨水を貯蓄し潅水量を減らす。
など様々な技術的な工夫を行い、他に例を見ないユニークな緑化を実現している。


プロジェクトに携わっていただいた、たくさんの方々の汗・涙と知恵と努力の結晶であると感謝いたします。
誠に有難うございました。



PICT0243kbi5502.gif


PICT0249kb5503.gif


PICT0256kbi5504.gif


PICT0309kbi5507.gif


PICT0301kbi5506.gif
スポンサーサイト



テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

  1. 2011/07/12(火) 06:08:25|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/1076-331c8e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)