FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

110808 目に見えず・匂いも・音もしない敵に向かって、フィールドで働く作業員(選手)に国民栄誉賞を与えてほしい。

img_1200354_35133886_1[1]



残暑お見舞い申し上げます。
本日、立秋である。初めて秋の気配が現われて来る頃、天文学的には、太陽が黄経135度の点を通過する時。
この日から暦の上では秋になるが、実際には「残暑」が厳しく、一年で最も暑い時期である。


IMG_8968chi5502.gif


濃いコバルトに染まった花びらが何かをつかもうとしている・・・・・
濃紺のユニホームにて、女子ワールドカップを手にした偉業はすごい。そして、国民栄誉賞を手にした。
スポーツ界においての国民栄誉賞の他に、原発事故の修復に当たっているたくさんの作業員の方々にも、国民栄誉賞を与えたい。
国の危機を救わなければという使命感、本当に賢い人たちはシーベルトとかベクレルというものに対して知識があるから、非常に怖いというか不信感、不安感がある。
原発現場の片付けで、東京電力が頼っている、立ち向かう危険についてあまり知識も理解もなく、トレーニングも受けていない下請け業者や労働者だ。
汚染された建物内で作業を行う作業員にマスクを着用させなかったのは違法であるとして、厳重注意とした。
日本には放射線の被ばくや作業員の安全に関してさまざまな法律があるが、違反に対する罰則はほとんどない。
原発での暑さ
と放射線の問題を改善するため、冷却ジェルを入れたベストや、タングステンでできたベストを導入するという。作業員の休憩所をもっと作り、医師が必ず常駐しているとも耳にした。

目に見えず・匂いも・音もしない敵に向かって、フィールドで働く作業員(選手)に国民栄誉賞を与えてほしい。

円形の枠からシャッターを切る、はるか彼方に陽が見える。
落ち着くのは何年先だろうか・・・・・


IMG_8965ch5503.gif
スポンサーサイト



テーマ:3.11 東日本大震災後の日本 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/08/08(月) 06:30:25|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/1118-873a103c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)