FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

120108 ドジョウ鍋 VS ジンギスカン鍋

おせち料理が終わって、新年会に参加する機会が多くなってきました。
ドジョウ鍋を食べながらと、ジンギスカン鍋食べながらの新年会が二日続きました。

facebook_62913do4402.gif

ドジョウ料理をフルコースにて注文すると、お酒のあとにドジョウ鍋がレトロなコンロの上に置かれて点火されます、少し煮え始めたら備え付けのねぎをてんこ盛りにしてドジョウの上にかけます。
見た目にはねぎ鍋と思うような状況から、ねぎに火が通りはじめたらいただきます・・・・
見た目の 割には上品で飽きの来ない、全く泥臭くなくやわらかいのでヤミツキ味である。
その後の柳川鍋、ドジョウの開きを卵とじにて煮てあるこれまた絶品料理である。

宴たけなわのときにハプニング発生!!隣に陣取ろうとした方のコトーが生ビールに触れて、ビールがこぼれて大騒ぎである。
スーツ・靴・アイパット・スマートフォンなどがビール浴びの状況である、店主・店員・その客が総出でふき取る様は・・・・ドジョウのたたり??
と思った状況である。

駒形どぜうの初代当主“越後屋助七”の発案であるというの が定説である。
なお、字面は「どぜう」であっても発音はドジョウである。

食べ方の注意点、一枚目の鍋を平らげたら二枚目の鍋をコンロの上に載せるのではなく、二枚目の鍋のドジョウのみをスイングさせながら入れかえることがポイント、省エネ??


facebook_62914do4401.gif


中心が凸型になっているジンギスカン鍋を熱して羊肉と野菜を焼き、羊肉から 出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食す料理である。

DSC_0461.jpg


炭火の上にジンギスカン鍋を載せる、頂点に脂身を載せてその油がお鍋の筋を通って満遍なく広がってゆく、十分に鍋が熱くなりましたら、野菜とお肉をのせます。

最初に野菜をのせますが鍋の回りに敷き詰めます。
子羊のお肉は、鍋の上部の山になっているところにのせます。

タレは、ボンズに醤油をベースにリンゴ、赤ワイン、ごま油、などをミックスした秘伝のジンギスカンのタレにていただく。

DSC_0462(1).jpg


良くできたグルメの為の鍋ジンギスカン鍋は、お肉はちゃんと焼けてその肉汁で野菜などが美味しく食べられ、またその野菜と合わさったジュにお肉を漬けることによってさらに肉がコク味を増して美味しくなる。

外は寒々としているのに、ビールがとっても合う楽しい新年会である。

大草原を馬にまたがったジンギスカン・・・
田の畦をニョロニョロと動き回るドジョウ・・・
どちらの料理も甲乙つけがたい・・・・美味い!!!!!!!!!!!!!


スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2012/01/08(日) 11:27:24|
  2. 美味いものにありついた・・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/1268-b2f8d154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)