FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

水路を通って サンマルコ広場へ

IMG_1763.jpg



IMG_1764.jpg


水路をサンマルコ広場へと進む。

IMG_1765.jpg



IMG_1766.jpg



IMG_1767.jpg



IMG_1768.jpg



IMG_1770.jpg


観光客が岸壁から足をたらして、のんびりとした光景が目に入ってくる。

IMG_1771.jpg


ベネチア最大の見所サンマルコ広場に近づく。

IMG_1616.jpg




IMG_1729.jpg


上陸すると、お土産屋が軒を連ねる。
世界的に有名なサンマルコ広場である。

IMG_1718.jpg


IMG_1730.jpg


S字にはしるカナル・グランデを中心に無数の運河がある。ヴェネチア駅とサンマルコを結ぶ水上バスが中心路線であるために、集客の多い場所にひとがあつまってくる。

IMG_1731.jpg


サンマルコ停留所の周りの運河に面した場所はお土産やガ連なって、世界中から訪れる人々に、ヴェネチアの思い出になる土産を並べて、熱心にお土産を販売している

IMG_1732.jpg


サンマルコ広場、早朝は昼間と夜の雑踏がうそのようにガラーンとしている。塔やドーム形状の屋根が連なるカセドラ。
サンマルコ寺院の望楼は早めに登ろうと早朝から列ができている。

IMG_1733.jpg



はとが自由気ままに人を怖がらずに群がって歩く様子はどこの国でも見かける光景である。


IMG_1734.jpg



IMG_1736.jpg



IMG_1737.jpg


塔の高さは97m、ベネチアでひときわ目立つ建物である。


IMG_1738.jpg


サンマルコ大聖堂、こんな形状の屋根を施工できる工法は・・・・・?

プロムナールーフ Fタイプだったら施工可能であるなと、本業を旅先で思い出す。

IMG_1739.jpg

スポンサーサイト



テーマ:イタリア生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2007/01/19(金) 14:54:29|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/134-1cb75a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)