屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

120801 真っ青な空の下、カラフルな文様のカイトが変幻自在に動き回る様は、空中に描き出す芸術である

IMG_3996ka3301.jpg


真夏の空に似合う風まかせ、自然まかせのスポーツである!!

グリップを試しに握らせてもらったが、飛行スピードはデルタ型の速いもので100 km/h以上、風の力がこのように強力なのかと改めて知った。

真っ青な空の下、カラフルな文様のカイトが変幻自在に動き回る様は、空中に描き出す芸術である。
2本のラインからなるデュアルラインカイト、4本のラインからなるクワッドラインカイトなどがあり、2本ないし4本のラインを操り、自由自在に操作できる点が普通の凧と異なる点である。

超微風用から強風用まであらゆるウインドレンジに対応したタイプのものが市販されている。
素材のセールはなどでも使われているリップストップナイロン、ロッドは軽量・強いカーボンファイバーが使われている。

スポーツカイトをフライトさせるためにはフラットで広いスペースが必要。
大きな障害物を通過して来た風は、乱気流となってスポーツカイトのフライトを不安定にさせる。
広い河川敷や海岸のような広くて風の安定したすところがベター。
ぐ近くに高い木や障害物があると、スポーツカイトがぶつかってしまうかも知れません。最初は、微風から練習して徐々にステップアップを図ることがポイントと告げられた。

IMG_3998ka3302.jpg


IMG_4000ka3304.jpg


IMG_4011ka3306.jpg


IMG_3997ka3310.jpg
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2012/08/01(水) 04:09:10|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/1444-77839ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。