FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

120918 ロールフォーミングされた、タテハゼ葺きに鋏をいれずに立ち上げ加工を施し風雨の吹き込みを防止

DH000006ya22000.jpg


金属屋根材を施工するにあたって、各部位にさまざまな納方が発生する。

ロールフォーミングされた金属屋根材を、いかに防水性を高めるかが施工のポイントである。
そのひとつに、風雨に対する納として八千代折が基本である。

八千代折とは、金属板を箱状に折り曲げて作る場合、その隅角を切断することなく板を折るだけで行なう加工法。

板金加工独特のもので、屋板工事では、瓦棒葺や折板葺の一部などに広く利用されている。

する。

次工程として、エプロン面戸を取り付け雨押さえ水切、棟カバーを取付ける。


DH000004yac2201.jpg


DH000033ya2204.jpg


DH000032ya2203.jpg


DH000001ya2208.jpg
スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2012/09/18(火) 09:08:46|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/1483-6b275cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)