FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

イオウの異臭が鼻につくとすぐに見えてくる・・・・

もくもくと噴出す噴煙硫黄山

IMG_9031.jpg


弟子屈から川湯温泉に向かうと、鼻を突く硫黄独特の異臭が鼻を突いてくる。取り付け道路に入り込み硫黄山を目指す。

IMG_9032.jpg


体感温度はマイナス10以下であろう、吹き付ける風をまともに受けながら、遊歩道を噴煙の噴出し口まで進む。あまりに寒いので、思わず雪道を小走りで進む、体重が降り積もった雪にめり込むがライト・レフトと掛け声をかけて走り、寒さを感じないように走った。

IMG_9033.jpg


摩周湖・屈斜湖などがすぐ近くにあり、標高512mの活火山である。明治時代に相当量の採掘が行われて、鉄道がひかれていた。

IMG_9039.jpg


硫黄は火薬・マッチ・薬用・ガイシなどの固定用・漂白剤などに使われる重要な鉱物である。
陽が落ちて、暮れ行く硫黄山をあとに川湯温泉に向かった。

IMG_9046.jpg


IMG_9049.jpg


IMG_9045.jpg


ここの温泉は、成分が硫黄から出る酸がたらふく含んだ源泉であり、顔を湯でぬぐうとピリピリする肌に刺激を感じる。

湯に浸かり、晩酌をあげるためにエレベターに乗り込む順番待ちをした、やはり乗り合わせたご婦人に「レデイファーストでどうぞ」というと、「レデイなんてとんでもない」といって照れくさそうにして一緒に乗り込みました。・・・・前回の福岡の方と全く違った回答である。

「レデイファースト」と言う言葉になれない日本では、その掛け声一言が、うれしいのか?恥ずかしいのか?照れくさそうにする。
不思議な慣習である。

IMG_9071.jpg


IMG_9072.jpg


おいしいビールとまぼろしの葡萄海老を肴に、ゲイ能人 金○○子さんや麗子さんの話で盛り上がり、外気は氷点下15度以上の寒気があるであろう川湯の夜がふけていきます。


スポンサーサイト



テーマ:北海道のあれこれ - ジャンル:地域情報

  1. 2007/03/07(水) 08:05:57|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/160-d7092e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)