屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

160625 高い塀に囲まれた中から自由を訴え続けた・・

IMG_2690.gif


ヤンゴンに到着、ホテルにチェックインする前にアウンサンスーチー女史の家へ。

高級住宅街であるインヤー湖の湖畔にあり、高い塀と門扉に囲まれた住宅である。

この中に長い間軟禁されて、ここから自由を訴えていたすごさを感じる。

紺当時は、前面の道路はもちろんのこと、旧ヤンゴン大学から近いユニバーシティ・アベニュー周辺の道路は通行禁止措置が取られていたと言う。

ミャンマーの民主化運動の指導者で、
ノーベル平和賞受賞者で、「ビルマ建国の父」として名高いアウンサン将軍の娘であるアウンサンスーチー女史が、軍事政権によって「軟禁」させられていた自宅。

スーチーさんの軟禁は計3回で、1989年7月から1995年7月までの6年間、2000年9月から2002年5月までの1年8ヶ月、2003年5月から2010年11月までの7年半と、合わせて15年2ヶ月(5500日)間、この自宅に軟禁されていた。


IMG_2691.gif


IMG_2693.jpg

IMG_2713.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/05/25(水) 18:26:02|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/2019-ac488fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。