FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

屋根材を看板下地材とした施工が完了

看板下地施工がMAX KENZO㈱のハ-パ-ズストロング300Eで施工が完了した。アルミスパンドレ-ルより施工が早く下側が決まれば上からの材料搬入により張り積み重ねていくだけで看板下地が短期で完了する。最後に塗装仕上げにより看板が完成する。今後、看板棟の新設・改修工事・ビルの改修等にエテルニット工法と組合せた環境にやさしいビルの再生工事の提案をしてまいります。



看板棟全景
20070705170701.jpg


IMG_4089.gif



IMG_4091.gif


IMG_4105.gif


看板棟短辺方向(建物と一体感がある)
20070705170725.jpg

看板部コ-ナ-施工(廻り縁を付て完了)
20070705170746.jpg

屋根材と間柱との特殊金具による取付

20070705170759.jpg


IMG_4121.gif


IMG_4165.gif


シートスタットをハンマーにてスライドして、下地鋼材にかみ合わせるスピード工法である。

IMG_4167.gif


IMG_4131.gif


屋根と天井兼用の工法を看板下地として利用する初めての試みである。通常の看板下地と違い、C型鋼材を使用しないで、梁間間隔2500mmの間柱に直接固定する。工期短縮と経済性を兼ね合わせた新ビジネスである。この高さ20Mに及ぶ看板工事に裏づけとして、強度計算をしていただいた方にも是非現場を見学していただきたい。そして、新しいご提案に対してご理解を頂いた、建築家の方にもご採用ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/07/05(木) 17:38:23|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/237-d857be0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)