FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

台風災害、緊急施工

台風にて折板屋根が吹き飛んでしまった。屋根から宙ぶらりんの状態で飛来したら、二次災害になる恐れが生じるために緊急の修復である。

DH000114.gyorenn001.jpg


施工後10年以上経っているために、タイトフレームは塩風の影響でさび付いてしまっており、腐食によって屋根本体の保持力が無くなってしまったために強風で吹き飛んでしまった。

DH000078.jpg



DH000069.jpg


鉄骨の梁も完全に塩害にて腐食が進んでいる。
海岸付近や塩害の可能性のある地域では、タイトフレームなどの日常の点検が必要である。


DH000072.jpg

スポンサーサイト



テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/07/24(火) 11:38:58|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

あちこちで災害がある。保険会社からの依頼で状況を調べて報告をする。単純に災害だといえない状況がある、手抜きか・構造上の問題か簡単に報告できないこともある。今回の原因は塩害によると説明があって勉強になった。これからもいろいろな情報を期待する。
  1. 2007/07/30(月) 11:35:44 |
  2. URL |
  3. 台風災害調査員 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/248-2ab84eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)