FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

台風直撃17回・・・強固な屋根つくりを目指す

日頃から大変御世話になっている友人から、4年前に施工した、沖縄県恩納村に建設されたチャペル棟へ行ったといって写真が送られてきた。


提案設計の時に、建築家の方から 「 台風銀座に建つ建物であり、海抜32mで、真下は断崖であり潮風が年がら年中さらされる建物 」であると知らされた。

PICT0076.jpgmannza002.gif


「 形状はシェル三次元であり、屋根と壁が一体になっておりまともに台風の影響を受ける。」 更に要望は、「 30年間、防水保証を出せる工法と素材を提案して欲しい 」と言われた。

PICT0074.jpgmannza1.gif



それに対して、25年以上の施工実績がある 平滑葺き 「 プロムナールーフ 」を工法として、耐風圧強度に対する構造計算を依頼、この工法を元に設計提案に入った。


PICT0069mannza5001.gif



素材は、耐塩害としてフェライト系ステンレス 445M2をベースにフッ素塗装を施して30年以上、ランドマークとして地図上に存在する建物として素材提案。建築家のご要望に沿った、屋根創りのお手伝いをさせていただきました。
写真ご提供有難うございました。



PICT0073mannza5002.gif


スポンサーサイト



テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/10/24(水) 18:06:05|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/290-1597af5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)