FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

090503 藤の花見物に誘われた

IMG_5058fuji2001.jpg


『 藤 』 の花言葉・・陶酔
一般にフジ、一名を野田藤と呼ぶものは、つるが右巻きでして、花は紫色か菫色で花穂が長く割合長く鑑賞できる。昔、大阪市福島区野田、藤の宮に藤の名所があり、太閤秀吉もお花見に行かれたそうで、野田藤の由来はそこから生まれたとある。


 シロバナフジ   白花、花穂が長い
 アケボノフジ   蕾はやや淡紅色、開花と共に淡色
 ノダナガフジ   花穂が長い
 アカバナフジ   モモイロフジ(淡紅色、開花と共に淡色
 ヤエフジ     八重黒竜(八重咲き、紫紅色の濃い花IMG_5042fuji2002.jpg

 ガワリバフシ   ニシキフジ(葉に淡黄色の布斑、淡紫色花、弱い)
 ヤマフジ、    野藤、花実短、達磨藤、袋藤とも呼ぶものは、つるが左巻き、花は大きく紫色で,穂が短く、花の咲く時期がわずかに早い。花実短はカピタンと読む。

IMG_5046fuji2000.jpg


藤棚の下に入ると、藤の香りに包まれる。[陶酔」と言う言葉はここから生まれたのだろうか?

IMG_5054fuji2003.jpg


IMG_5060fuji2004.jpg


藤の花の下、花畑に入るのと違った藤の花に歓迎されたようになる。
花言葉その2・・・歓迎、恋に酔う。うまく花の意味を表現したと思う。


IMG_5066fuji2005.jpg


詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp
スポンサーサイト



テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2008/05/03(土) 12:07:40|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/352-984f4149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)