FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

ヨロヨロの新チャンピオン

ヨロヨロのチャンピオン

12ラウンドが終わり一人目のジャッジは亀田の負けである。二人目は亀田の勝ちと出た、エ!!0-3で負けではないのと思った瞬間、結果は2-1での判定勝ち。

瞬間、自分の目と耳を疑ってしまった。
『なぜ??なぜ勝った??』

あまりにも前宣伝が多いのでついついTV観戦をしてしまった。

1Rにダウンを奪われた、そのときのダメージが12Rまで引きずっていた。

実況のアナウンサー・解説者も9ラウンドあたりから、あきらめムードだった。

『微妙な判定』 とNHKニュースがタイトルに出した。 『疑惑の判定』 ではないか。

亀田の足は9ラウンドあたりからヨロヨロ、パンチの数は少なく、強烈なダブルは撃っていたが、相手には利かなかった。
互いにガードは完璧であったが、挑戦者ファン・ランダエタは的確に攻撃し続けた、ファイトはまさしく上であった。

ジャッジが勝ちを宣言したのだから素直に祝福しなければいけないのだろうが、ボクシングには才能があるのだろう、あの親・兄弟が馬鹿丸出しで好きでない。

次回再戦は 『あれ~??』 と思われない、KO勝ちでもしない限り、亀田の人気はしぼんでしまうのではないだろうか。

自分も3回戦戦った経験がある。
『敵と向かってのグラブをつけての対戦は、終えたあとへとへとになる。また、アッパーを食らった時の何もわからないでリングに倒れてしまった』事を思い出しながら・・・・・。

12ラウンドまでよく撃ちあったと思う。



スポンサーサイト



テーマ:亀田興毅 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/03(木) 10:31:00|
  2. 人生重ねていくうちに・・・体験したこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/40-b96e05ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)