FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

080923昼夜の時間が等しくなるお彼岸の中日・・お墓参り

秋分の日、お中日を境に昼より夜が長くなっていきます。また、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もあります。
季節の転機、ターニングポイントという日に、先祖供養を通じて私たち自身が変わってゆく転機や、一歩進んだ信仰に目覚めるきっかけになればと仏様が考えてくださった、お彼岸にお墓参りに行くという風習なのかもしれません。

IMG_9623akihana5001.gif


ヒガンバナの地下茎(球根、正確には鱗茎:りんけい)にはデンプンが含まれ、水にさらして食用となり、昔は飢饉(ききん)に備えて田んぼのあぜ道に植えた。
ヒガンバナの球根(鱗茎:りんけい)には、リコリン(Lycorine)などのアルカロイド(alkaloid)を含み、有毒であるのだが、漢方薬や民間療法(球根をすりおろして、炎症・はれ物に、防虫効果も)にも。
まさに毒を制して薬なのか。ただ、食用とするには、すりつぶし、充分に水でさらして毒抜きをすることが肝心。
7回ほど水洗いして除けば食用となるらしい、水でさらすという毒抜きの方法、最初に発見した人、タコやナマコを食べたみたいにすごいです。



IMG_9626akihana5002.gif


ヒガンバナの有毒性や悪臭を利用して、モグラやネズミなどから田んぼのあぜ道を守る目的で植えたとも聞いています。あぜ道にヒガンバナが多い理由の一つでしょう。

燃えるような色の花が、お寺の境内に咲いておりました。



屋根に関するさまざまな情報は、下記のホームページにて御覧いただけます。


EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp



スポンサーサイト



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2008/09/23(火) 11:02:36|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/405-29b90f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)