FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

081023第七回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクールにて環境大臣賞受賞

miki-001.jpg


第七回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクールにて環境大臣賞受賞
平成20年10月21日
東京都文京区ガーデンパレスにおいて


■所在地・・・兵庫県三木市
■受賞者・・・兵庫県/株式会社 遠藤秀平建築研究所/株式会社 大林環境技術研究所/MAX KENZO 株式会社 


     
■作品の概要
三木総合防災公園の屋内テニス場「ビーンズドーム」は、冷暖房を設置しないエコドームであり、直射日光による屋根からの熱伝導を軽減する事を目的として、ドーム側面7024㎡のステンレス屋根の上に30cm角の保水板ユニットを敷設し、その上にネットを設置の上、芝生種子入りの植栽人口土壌60mmを吹付けて緑化している。
最大角度73度と急勾配で設計上の過重制限が100kg/㎡と厳しい大規模側面を緑化する為、急勾配でも崩れず軽量で、分解による土壌の痩せが遅いスギ・ヒノキ樹皮を主材とした人工軽量土壌を採用し、勾配側面にムラなく潅水するため薄層基盤に潅水チューブを埋設してるほか、植栽基盤下全面に敷設された保水板付ユニットに雨水を貯留し潅水量を減らす等の様々な技術的な工夫を行い、他に例を見ないユニークな緑化を実現している。
また、本作品の施工にあたって、ステンレス屋根の腐食を予防するため、酸性雨の無害化を促進するPH環礁機能を土壌に付加する技術を開発している点や、自然換気システムと緑化の相乗効果により熱環境が緩和され、一年中冷暖房機器を必要としないエコドームを実現した環境面での取り組みが高く評価された。
(財団法人 都市緑化技術開発機構より転載)



大変重きのある賞状をいただきました。
提案設計・3D解析・構造計算・耐風圧検討・モックアップ作成・土壌流出試験・音響試験・施工図・加工図・電子入力・切断・有孔・折り曲げ・ロール成型・梱包・運搬・取り付け・施工・緑化など延べ人数6500人工以上の汗と涙の結晶です。
雛壇に上って、賞状の内容を読み上げられている時に、とってもあついものを感じました。
今後ますます、建築業界にお役に立てるように一心に励みたいと思います。
この、受賞は皆様のお陰であると感謝いたします。
誠に有難うございました。

MAX KENZO 株式会社
代表取締役 藤田 秀雄



詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

緑化屋根・屋上庭園・壁面緑化COM
http://ryokkayane.blog32.fc2.com/


EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp
スポンサーサイト



テーマ:夢を叶える - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/10/23(木) 11:16:43|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/419-0f7c1550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)