FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

日本の標準時に関して初めて制定された法令は(明治19年勅令第51号、1886年(明治19年)7月13日公布)である。

DH000014lond3302.jpg

日本の標準時間を定めた日と聞いて、ロンドンのタワーブリッジを思い出した。
この勅令では、グリニッジ天文台子午儀の中心を通る子午線を本初子午線(経度0度)とし、東西それぞれ180度で、東を正、西を負として表すことを定めた上、東経135度(GMT+9:00)の時刻を日本の標準時(「本邦一般ノ標準時」)と規定した。この日本の標準時に関する部分は1888年(明治21年)1月1日から適用された。
一日、24時間は人々に平等に与えられたものである。できる限り、この時間を有効に使いたいものである。

現在では珍しい跳開橋、「イギリスの玄関「タワーブリッジ」 海の玄関にふさわしい橋。
世界中からロンドンに入港する船は、この橋をくぐってテームズ川をさかのぼったのです。
1894年完成。 船が通過する時は二つの塔の間の中央の橋桁が跳ね上がるようになっています。片側1100トンの橋桁をわずか4分間で跳ね上げることができます。橋を上げ下げする動力は蒸気機関でした。



DH000013lod3301.jpg


両脇の石造の塔は近くにあるロンドン塔との調和を考えてデザインされています。
走行中のため手振れで失礼します。
スポンサーサイト



テーマ:本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ - ジャンル:ブログ

  1. 2009/07/13(月) 07:28:21|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/543-1decdd45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)