FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

笠間陶芸センターの屋根

陶芸の町笠間
茨城県もほぼ中央部に位置している。
笠間稲荷神社は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)が纏われている。
社殿によれば第36代孝徳天皇の西暦651年に創建せられ、其の後寛保3年に城主井上正賢が御社殿を拡め、奉斎の誠を尽くし、引き続き代々の藩主の祈願所と定め、尊崇厚く日本三大稲荷として全国を通じて知られる。
DH000097.jpg


別名、紋三郎稲荷胡桃下稲荷と称し、殖産の神として尊崇されています。


ここから2キロほどの所に1995年に建設された笠間陶芸センターがあります。


プロムナールーフに三角リブを化粧に取り付けた工法です。

DH000077.jpg







DH000084.jpg



11年の歳月を経て屋根を目視できるところを、チェックしましたが、コーキングからの可塑剤の汚れが付着しているぐらいで、屋根としての機能・美観はまったく異常が見当たりませんでした。






これからもメンテナンスフリーの屋根を提供しなければならないと思う。

DH000098.jpg


スポンサーサイト



テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2006/09/05(火) 21:39:26|
  2. 工法・構法  こんな事してつくるのか??
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/58-4636000f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)