FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

『はげる・はがれる』・『流失』

hage.gif



以前、高校校舎の屋根に銅板に人工緑青を施した材料で大和葺工法を施工しました。

完成してから数年後、現況調査と経年変化の確認をしてきました。

昨今の酸性雨と排気ガスにより、屋根材は少し黒ずんだ状況ではありますが、美しい緑青色の屋根になっておりました。



この屋根は下記の製造工程に基づき作られました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①工場内において銅板コイルを切断

②材料表面に付着したゴミ除去及び油の脱脂処理

③化学反応を起こしてから少しでも付着し易くなる様、
 材料表面をケレン処理

④一液処理・二液処理

⑤化学反応を起こして30分間放置し、酸による酸っぱい香り
 が立ち上がり、緑青銅板の出来上がり

⑥大和葺に成型加工

⑦梱包し、現場へ搬入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

施工当時を振り返ってみると、このようなエピソードがありました。


施工は順調に進み、屋根は一部の取り合い部分を残してほぼ完了という
ところまで進みました。


真夏の暑い時期でしたのでほとんどほとんど雨が降りませんでした。


ところが、足場を取り外す頃に突然の夕立・・・


騒動が発生しました!





「屋根が剥がれた!!!」




と現場から連絡が入りました。
すぐに現場へ急行すると、屋根が剥がれているのではなく、屋根材
表面の緑青が流れ落ちてしまったのです。


施主・設計事務所・ゼネコン・弊社が集まり、対策会議が開かれました。

そして至急、報告書の作成依頼を受けました。



ここで問題??が発生しました・・・。


私を除いて3名は髪の毛の薄い方ばかり。
既に85%髪が無い方、バーコード状の方なのです。



報告書に『はげた!!はがれた!!』という表現を明記できずに悩みました。


その結果、『流出』という表現に置き換えた報告書を作成しました。
スポンサーサイト



テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:その他

  1. 2006/03/07(火) 10:49:44|
  2. 笑っちゃう・・・・・?? お話しコーナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/6-aef3df17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)