FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

091111 家族愛に感動と涙 「私の中のあなた」  My Sister's Keeperを観て

IMG_7282jidou3306.jpg


幼児期から成長してANNAは自分の意思を表示するようになる。
そのANNAが、腎臓移植を前に「姉のドナーとして生後間もないころから数十回の手術を経験、もうドナーになりたくない」「これからの青春に、海に行けない、ダンスもできない、行動に制約される・・・」と11歳の少女が法律事務所に駆け込む。
姉ケイトに腎臓移植手術が必要になり、ついに両親を相手取り訴訟を起こし、母を訴えることから、物語は始まる。


遺伝子操作により姉のドナーとして作られた妹であることを法廷で訴える、母の負けは明らかだが、サラは自らのキャリアもかなぐり捨て、手段を選ばず徹底抗戦する、弁護士でもあり母でもあるキャメロン・ディアスの演技力に更なる魅力を感じた・・・・・・・。
病との闘い、生と死、幸せのあり方、家族の絆と幸福、どうしようもない心の葛藤・・・・・このままでは病の姉が死ぬことを承知で、妹はドナーになることを拒絶する物語を120分の中に描き出す。

動転する母に「私の幸せはどうなるの?」と一石を投じる問いかけるアナの決心・・・・・
深刻なテーマとは裏腹に幸福感に溢れ、妹の真意がわかるラストシーンに深い感動とが押し寄せ、涙ぐんでしまった。
「私の中のあなた」  My Sister's Keeper 家族愛に感動と涙がでる。


監督:ニック・カサヴェテス
出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザックほか



IMG_7281jidou3304.jpg





スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2009/11/11(水) 16:35:02|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/614-c446e914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)