FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

童心に帰ろう LEGO LAND VOL 1

         童心に帰ろうLEGO LAND VOL 1

 ドイツ国境近く湖のほとりの町をぬけて北へ走る、自転車を担いでデンマークへ向かう車と併走して、数キロでデンマークに入ります。

DH000138.jpg


DH000134.jpg


DH000139.jpg


DH000131.jpg


DH000132.jpg


 屋根屋としてとっても興味を引かれる、三次元曲線を自由にかたどった草屋根葺きの建物を各所に見ることができます。

DH000117.jpg



 草屋根は、芦科の草を重ねて屋根の厚みをとることによって、防水効果をもたらすばかりではなく、断熱層を兼ね備えており、北欧のとっても寒い冬の間、建物の気密をとることができ、外部の冷気との遮断の役割をしています。

DH000124.jpg



 乳製品の輸出国であるデンマークは、また放牧された牛をあちらこちらで見かけます、広大な牧草地の中でとってもフレンドリーに寄ってきて、何かを話かけているようです。

DH000120.jpg


DH000122.jpg


 まもなく、 BILLUND という町に入るとそこは、世界でもっとも有名な LEGO ブロックを作っている工場内に入ります。案内に沿って目指す HOTEL LEGO LAND に到着しました。

DH000114.jpg


 アレー!!   看板に寄り添って立っているのは LEGO でできている人??そしてホテルの壁を製作している人も LEGO、 描かれている絵も LEGO でできているのです。

DH000115.jpg



 車からバッグを持って玄関先まで進むと、出迎えてくれたのはまたまた LEGO でできた、ベルボーイさんです。

DH000113.jpg



 フロントにてチェックインを済ませると、すぐ横は商魂たくましく LEGO のお土産店です。

DH000081.jpg


 おかれているサンプル、組み立て後のイメージを描いたパッケージ箱を見てもすべて LEGO ブロックにてできています。

 さてホテル内部はどのようになっているのか、好奇心で胸がわくわくし始めました。


 過去の 旅日記 はこのリンクで 『 見手我留記 』 をクリックしてください。


スポンサーサイト



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/24(日) 22:31:47|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/64-9395f6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)