FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

童心に帰ろう LEGO LAND VOL 3

         童心に帰ろう LEGO LAND VOL 3


 入場者の少ない時間に、LEGOの世界へ入りたくて開園と同時に、ホテルから直結の連絡橋をわたって、壁にかかっているLEGOの絵を見ながら階段をおりて・・・・・

DH000066.jpg



LEGO LANDへ進む、通路ではゴリラさんのお出迎え、

LANDへはいるとライオンのお出迎え、ひとつひとつ心をこめて小さなプラスチックのブロックでよくできているなーと改めて感心させられる。

DH000057.jpg


昨日の天気予報がよいほうに外れて、快晴のである。童心に帰って、胸がわくわくし始めます。

園内のアトラクションはすべて無料で、気に入れが時間の許す限り何度でも体験できる。まず、園内を列車にて一回りどんな様子か眺めることにしました。
DH000055.jpg


世界各都市を代表する名所の建物・建造物がLEGO ブロックにて作られております。

DH000029.jpg


まるで、ガリバーになっておとぎの国へ入り込んでしまったような錯覚になりました。

DH000002.jpg


子供たちが笑顔いっぱいで、LEGOで作られた乗り物に乗っている様子を見ているだけで、自分もまたまた童心の世界へ入ってしまいます。

DH000006.jpg


DH000049.jpg


コペンハーゲンの有名な運河の再現、建物はもちろんLEGOブロックにて出来ており、運河の中の船はリモコンにて動くようになっています。



そして、LEGO LAND すぐ隣のBILLUND 空港をブロックで作り、飛行機の発着から、荷物の積み込み作業まで再現して、大人から子供までが楽しめるように展示されています。



自由の女神・ホワイトハウス・歴代大統領の像・日本のお城ももちろんありました。

DH000042.jpg


DH000043.jpg


DH000047.jpg


DH000051.jpg



歩き疲れて、ベンチに座ろうとしたらマリリンモンロー嬢のお出迎え。
時間の経つのを忘れさせてくれる、とっても楽しいLEGO LAND 再度戻りたい。


LEGOの工場・ホテル・LEGOLAND・飛行場が全てまとまった
おとぎの世界へ、また帰って来たい。

現在、イギリス ロンドン近郊とアメリカ カルフォルニアにも同施設を展開している。
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/27(水) 20:31:09|
  2. 見て、手ふれて、我で、留まって、記す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/66-406844db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)