FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

100127  アダムとイヴの出会いを連想させられる・

未知の星を舞台に人類と先住民との戦いを描いたSFアドベンチャー。
現在110の国と地域で公開されている。
米映画「アバダー」ジェームス・キャメロン監督、同監督の「タイタニック」(1997年公開)を抜き、史上最高になる見込み。
化身というヒンズー教の意味であるアバダー、デフレの時代に3Dという高めの価格で興行収入を得ている、驚くべき映画である。


IMG_3378kama4406.jpg

6年の歳月をかけて地球から、未知の世界・衛星パンドラにやって来る。
送られてきた主人公ジェイク(サム・ワーシントン)は、半身不随になり、車いす生活を送る。
彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。


アダムとイヴの出会いを連想させられる・・・・・

猫の強さやスピード、俊敏さ、そして超人的な鋭い感覚を持って生まれ変わったキャットウーマン
毒雲に刺されて、蜘蛛糸を自由自在に操って空を飛ぶ超人になったスパイダーマンの物語を連想させる・・・・


ナヴィと大地・植物・生き物全ては絆で繋がっている
今まで観賞した映画、家族愛・人間愛・同士愛などの物語を連想させられた・・・・

2001年宇宙の旅・スターウオーズ等SF映画の数々の物語を連想・・・・

大いなる西部・黄色いリボン・赤い矢などの西部劇ドラマを連想・・・・

ターザン・ジャングルジムなどの冒険映画を連想・・・・・

ジャックとマメの樹を連想・・・・

地球環境問題・戦争と平和・死・宗教・・・・・・

様々な連想の世界へ入り込んだ!!
大空よりも大きな未来・夢を連想させてくれたすばらしい映画である。
スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2010/02/06(土) 07:02:56|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaneya.blog49.fc2.com/tb.php/662-7e034e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)