FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

世界初 ビーンズ型 三次元緑化屋根 完了

昨年、2006年6月から10ヶ月の屋根工期をいただいて施工が始まった。

十分な打ち合わせと、設計に基づいた施工条件の一番難易な部分を現物のモックアップ [ 6m X 13m ]を 製作して施工検証を行い、工期を10ヶ月に設定してゼネコンに施工計画・工程表を提出した。

IMG_1311.jpg


           【東面の緑化土壌の完成。】

南面から施工開始をして東面に回り、綺麗な曲線を描いている。

IMG_1137.jpg



IMG_1138.jpg


           【南面から東面を望む。】

IMG_1161.jpg


ウエット・ジェット緑化システムにバーミューダグラスやケンタッキーグラスの種子を混入して吹き付ける。

IMG_1163.jpg


           【北面 土壌工事状況。】

IMG_1189.jpg


           【 西面の土壌完了。】

IMG_1254.jpg


トラス鉄骨工事が大幅に遅れて、昨年11月はじめには屋根下地のエテルニット構法を施工できたのはほんのわずかであった。

10ヶ月の工期の半分を過ぎても屋根の下地を完成することができない状態が続いた。

心の中には、 焦り があらわれ始めてきた。
世界中のどこの屋根屋が施工したことのない三次元形状である。

工場から出荷される、三次元解析された 18,000点のエテルニットが山積みになっていく、しかし取り付け施工ができずに手待ち状態が続いた。

本格的な作業は12月に入ってからであった。
本当に 工期内にできるか?  といった議論がゼネコンと続いた。

しかし、尽力・人力のお陰で昨日、東西南北の緑化工事を完了することができた。

IMG_1279.jpg

           
          【 センターコート 】


 『 ツキがあった 』と自分でも思う。

たくさんの職人さんが、北は北海道 南は九州から 応援にかけつけてくれた。

そして、天候に左右されることが本当に少なかった、ことなど思うと
ついていた と断言できる。

22日に現場の方々と、温泉に泊り込んで 打ち上げを行った。

「 ありがとう ございました 」
人生 最高の夜である。


テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/03/24(土) 10:59:27|
  2. 未分類五WEJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

勾配85度に下がってくる三次元緑化屋根

IMG_9109.jpg


屋根工事と緑化工事が同時進行になった。
本日、大屋根部分の70数m成型が、順調に行われている。
保水と土留め機能を兼ねそろえているために、勾配85度の施工も可能になった。

IMG_9107.jpg


3月5日は全国的に春の嵐になり、富山県では突風にてトラックが横転する風が吹いた。

現場は保全作業をして、作業中止になった。

丘の上に設置された、やぐらからはドーム屋根のバックにどんよりとした雨雲が見える。撮影状況も最悪である。


IMG_9221.jpg



IMG_9226.jpg



土壌にバーミューダーグラスやケンタッキーグリーンベースなどの種子を混ぜて、吹き付け作業を始めた。

春の陽気に誘われて、4月末には新芽が吹き出して、世界で始めての金属基盤の緑化屋根が誕生する。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/03/06(火) 12:05:16|
  2. 未分類五WEJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑化屋根の土壌設置が始まった、ドーム屋根

3月末工期のために、最終的追いこみが始まった。
本来、一月はじめからの緑化施工の予定であったが、一ヶ月のズレガ生じた。

IMG_8843.jpg


写真のような凸凹の形状の保水板・土留めを兼ねたが取り付けられた。

IMG_8876.jpg


次工程にネットを取り付け、植栽の根を絡ませる緑化屋根工法である。

IMG_8899.jpg



IMG_8903.jpg


土壌は、土木の法面緑化をするような要領で、養分をたっぷり含んだ土壌に、種子を混入して吹き付ける工法である。


IMG_8884.jpg


新芽が二週間後に芽生えてくる。
そして、5月頃には緑化屋根が仕上がってくる。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/02/26(月) 16:37:38|
  2. 未分類五WEJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域群生の植物にて屋根緑化する

屋根緑化を施した八重山郷土・海鮮料理店
味、人、花、風、太陽が三線の響きの中で一体化す、五感で味わえる料理で『究極のおもてなし』をしてくれる 『 舟蔵の里 』
 
三年前に施工したギャラリー棟の屋根緑化のその後の経過を見学に足を伸ばしてみた。





IMG_8169.jpg


乾季・雨季の差が激しい地域での緑化屋根は、わずか60mmの金属基盤の上の土壌では枯れてしまうのではないかと懸念された。


IMG_8174.jpg


舟蔵の里店主と建築家との打ち合わせの結果、地域に群生する草 龍の髭 (リュウニヒゲ)に決定した。

葉の長さが30cmから50cmほどに成長して、緑豊かな石垣島の輝く太陽の下で自然景観を作り出している。

IMG_8179.jpg


IMG_8200.jpg



IMG_8183.jpg



IMG_8196.jpg



屋根緑化の植栽はセダム系の植物が一般的である。
地域に群生する植物にて植栽ができることが、ウエット・ジェット緑化システムにて証明された。

屋根緑化システム (保水すること・土留め機能を持つこと・折板屋根などの緑化・屋上緑化など)数種類に及ぶ、MAX KENZOの知的所有権で保護されております。

IMG_8205.jpg


3000余坪の庭園がある里の入り口に、 『琉球龍の髭』を植栽したギャラリー屋根がある。そしてさらに進むと広大な敷地に赤瓦の木造民家が続く、新鮮な地元の食材で郷土料理・会席料理を味わいながら、大広間で八重山の伝統舞踏を観賞できる。

石垣島へいらした時は是非来店してみてください。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/02/15(木) 08:48:46|
  2. 未分類五WEJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドーム屋根、軽量構法にて施工中

A70V0053.jpg



A70V0054.jpg


ドームの形状がくっきりうかびあがってきた。
エテルニットによる下地施工が終盤に近づいてきた。
今月中に屋根面の施工を完了して、来月早々に緑化工事に入って行きます。

A70V0056.jpg



IMG_6743.jpg


現在80名の職人さんが、奮闘中である。


IMG_6753.jpg



IMG_6770.jpg


年明け早々は雨天に悩まされたが、幸運にも最近は天候に恵まれて進捗率が高まってきた。

SEFTY FIRST!!

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/02/01(木) 12:04:31|
  2. 未分類五WEJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ