FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

110916 正確無比なシンメトリーが美しいパレス風の建物タージマハール

IMG_1027taj2206.gif


パーキングスペースから電気自動車か馬車にて、タージマハールに向かう。
正確無比なシンメトリーが美しいパレス風の建物。
実は宮殿ではなく、おハカ霊廟である。
ムガール帝国5代皇帝シャー・ジャハーンが、亡くなった王妃のために1632年から22年の歳月をかけて造営したものだ。
日本では江戸時代に入ったばかりの時に、このような建造物を造れる技術に驚くばかりである。
インド独特の硬度のある大理石を使用、腕利きの職人を集め、のべ2万人が携わったというから、当時としては大国家事業。

詳細は「見手我留記」にて紹介したします。

http://eroof260738.blog113.fc2.com/


IMG_1028taj2207.gif


IMG_1031taji2209.gif

IMG_0795taj2201.gif


IMG_0939taj2204.gif


IMG_0940taj2205.gif


IMG_0862taj2202.gif


IMG_0874tal2203.gif

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

  1. 2011/09/16(金) 06:01:26|
  2. 経験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロウイングッズが盛り沢山

             ハロウイン月間!!!!

 たくさんのグッズが出回っている。

IMG_1057.jpg


仮装はもちろん、玄関先に子供用にあげるキャンデー入れや定番のカボチャ、骸骨・魔女・お化け・バンパイヤー・狼・フランケンシュタインなど色々である。

IMG_1054.jpg



日本にはようやくカボチャを飾るところまでは見かけるようになったが、仮装して子供たちが各家庭を回るところまではいっていない。


日本式、四谷怪談のスタイルは初冬よりも、真夏の風物詩である。

IMG_1058.jpg


IMG_1051.jpg

テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ

  1. 2006/10/20(金) 18:04:04|
  2. 経験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロウイーンの思い出

        ハロウイーンの体験と思い出

今も昔も恐ろしい日と考えられている 『万聖説』というキリスト教のお祭り前夜祭10月31日を迎える。

目や鼻をかぼちゃにくりぬき、ランタンにして悪魔を退治するために玄関先に置く。

IMG_8588(1).jpg


ハロウイーンの日は先祖の霊と一緒に魔女やお化けが来ると信じられていたから、その日の夜は魔女やお化けの格好をして、一晩中騒ぎお化けが家に入ってこないようにした。

IMG_8595(1).jpg


また、日本のお盆と同じ様に当日お墓参りをする、フイリピン マニラにおいて墓参りに同席した。

人口密度の多い地域の国営墓地のためか、土葬のスペースがなく2段3段に積み重ねられて作られ、自分たちの目的の墓に御参りするのに、よそ様の墓の上を 「タビタビ・ポ・・・タビタビ・ポオ・・」 と挨拶をしながら、またいで歩いた記憶がよみがえってくる。

IMG_8600.jpg


この掛け声の意味は、 「上を失礼いたします」 というオマジナイのような掛け声だということです。

花を手向けて、その夜はカトリックの国です 『LECHON』 リッチョン・パーテーによって子豚の丸焼き (一匹30人前ぐらい) をご馳走になり、家族の愛の元にこの世を去った人々の思いで話をしながら、ミイラ・魔女・海賊・モンスターなどの仮装をして、深夜まで歌を歌ったりダンスを楽しんだりしました。

空には白い月が輝き、雲が踊るように顔を出したことも思い出します。

20061002082835.jpg


     かぼちゃの可憐な花が、育って大きな身を結ぶ。

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

  1. 2006/10/02(月) 08:34:30|
  2. 経験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マリモのような毛の話

マリモボディー

人類の進化が完全には終わっていない、人間の祖先は猿人である。
床屋さんでの会話、「顔に産毛が少ないですね」といわれたので、「どう言うことですか」と質問した。

「顔そりをして、産毛の多いい人は剃った後に肌の色が変わる、毛がなくなった後に白っぽくなる」とのことである。

「もっと毛深い人は、眉毛と眉毛がつながってしまう人もいる」 「もみ上げが髭と結ばれてしまう人もいる」 とのことである。

「きっと体も毛深いに違いないでしょう」 と会話が進む。
すかさず 「阿寒湖に生息する、マリモみたいな人だね」 と言ってしまって、表現の面白さに笑われた。

そして、「一般的に胸毛の多い人は、発毛のエネルギーがボディーにとられて、頭髪がすくなくなる傾向だ」とも話している。

ヘアーケアー製品はドラグストアーに数多く販売されている。

今後のビジネスチャンスは、 『ゴミ処理・介護問題・葬儀・毛髪(はげ)』 にあるセミナーで学んだ、なるほど思いあたることだと、マリモの話から・・・・。

テーマ:情報商材 - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/08/14(月) 09:04:06|
  2. 経験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ