FC2ブログ

屋根屋家業の屋根裏部屋、おかげさまで16年続けてます。

屋根屋の屋根屋 長尺(仮)が綴る日記です。

160229 盛り上がる東京マラソン

IMG_5707.gif


コース沿いにのたくさんの観客も楽しめるイベント東京マラソン。
倍率の高い抽選を突破して選ばれた選手たちの笑顔が素敵である。

IMG_5709.gif


コース
東京都庁舎前→(都庁通り)→都庁北交差点→(北通り・都道新宿副都心8号)→新都心歩道橋下交差点→(青梅街道・靖国通り・外堀通り)→飯田橋交差点→(目白通り)→飯田橋一丁目交差点→(専大通り)→西神田交差点→(水道橋西通り・内堀通り)→祝田橋交差点→(内堀通り)→日比谷交差点→(日比谷通り)→芝五丁目交差点→(第一京浜)→品川駅手前→(第一京浜)→芝五丁目交差点→(日比谷通り)→ 日比谷交差点→(晴海通り)→銀座四丁目交差点→(中央通り)→日本橋交差点→(永代通り)→茅場町一丁目交差点→(新大橋通り・清洲橋通り・清杉通り・江戸通り)→駒形橋西詰→浅草寺雷門前→吾妻橋西詰→駒形橋西詰→日本橋交差点→銀座四丁目交差点→(晴海通り)→築地→(佃大橋・朝潮大橋・春海橋)→豊洲→東雲一丁目→(都橋通り)→東京ビッグサイト(江東区有明)ゴール (42.195km)

IMG_5713.gif


IMG_5714.gif


IMG_5717.gif
  1. 2016/02/29(月) 09:16:53|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

160120 男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝

IMG_6690.gif

中禅寺湖畔から大きくカーブを曲がって上りつくと駐車場。

そこから坂道を一気に登ると、
男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝が目に入ってくる。

滝壺近くが大きな岩によって二分され 、
その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれている。

幅10mぐらいの階段状の岩場を
勢いよく流れる渓流爆は、切り立った岩 壁、周りの木々
に映えてとっても美しい。


IMG_6691.gif


IMG_6693.gif
  1. 2016/01/20(水) 06:45:06|
  2. 川・河をみて感じたこと・・・・・・・RIVER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

160115 淡い光の光源を集め、電飾看板・風景・動物・鳥・昆虫・花・人物などをかたどり、夜間における風景

IMG_5788.gif

アッと今に半年を過ぎようとしている。

多忙中につきブログをさぼる機会が多すぎる、
とってもイージーィなフェイスブックへ偏り始めたせいである。

電飾、イルミネーションは
電球、発光ダイオード、光ケーブルなどにより 淡い光の光源を集め、
電飾看板・風景・動物・鳥・昆虫・花・人物などをかたどり、夜間における風景などを 作り出す装飾。

この冬も、
あちこちで光の芸術を競うように電飾された会場が多い。

人が動けば、金・物が動く原理に便乗して商機をつかんでいる。

IMG_5041.gif


IMG_5483.gif


IMG_5445.gif
  1. 2016/01/15(金) 17:52:56|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

151203 、味の良し悪しなので夕焼けに染まる代表的な産地の一つ陽澄湖上海蟹が美味しいとされている。

IMG_4061.gif

上海蟹の醍醐味はこの蟹味噌と「膏」にあるわけだ、一段と寒くなる11月になると雄が食べごろになる。
蟹は体を冷やすので紹興酒や生姜と一緒に食べる、濃厚な蟹味噌は一度食べたらヤミツキになる
上海蟹の最も一般的な食べ方は、まるごと蒸して、特製の黒酢ダレでいただく。
上海蟹というのは単に蒸すだけの料理ですから、味付けの良し悪しなどというものはなく、素材の良し悪しが、すなわち、味の良し悪しなので夕焼けに染まる代表的な産地の一つ陽澄湖上海蟹が美味しいとされている。
カニにナンバーリングされている輸入品、美味しい蟹は身もしっかりと詰まっているし、甲羅もごつい。
食べるならば姿ごといただく、蟹味噌 がたまりません。
メスが非常に美味しいがオスのほうが美味しい、蟹味噌のほかに雄蟹の「膏」と呼ばれる白い精子の部分が徐々に成熟してくるからである。



IMG_4059.gif


IMG_4062.gif


IMG_4045.gif
  1. 2015/12/03(木) 02:12:48|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

151111 豊かな自然と活き活きと活気に溢れた魅力の空間である

IMG_3468.gif



すっと延びた幹の美しい姿が訪れる者を魅了する「美人林」へ10月と11月の時の流れ。

とにかく美しい林の空間である。秋の紅葉期の美しさは見事であるが、落ち葉の敷き詰めた林も先週と違った空間である。

豊かな自然と活き活きと活気に溢れた魅力の空間である。

「すらりとした立ち姿が美しい」の一言で表現できる。

豪雪地帯であるが、スノウシューズを履いて雪原を歩く。

春になったら萌黄色の新芽が映えるブナの間を歩く。

樹齢90年、四季それぞれの自然美を満喫してみたい。

IMG_3463.gif


IMG_3463.gif


IMG_3442.gif


IMG_3456.gif


IMG_3431.gif






  1. 2015/11/11(水) 05:52:46|
  2. その時・・・・・感じた事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ